n-PANAMA-large570

引用元:https://panamapapers.icij.org/

世界中にその衝撃が広がっている「パナマ文書」。
これはパナマの法律事務所 Mossack Fonseca でタックス・ヘイブンに関する業務内容や顧客データを記録した機密文書です。

 

これににより、同国のタックスヘイブン(租税回避地)を利用した金融取引に、多数の政治家や著名人が関与していた事実が明らかになりました。

 

その情報量は桁外れ!
1970年代から作成されたもので、総数は1150万件、合計2.6テラバイトに及ぶという膨大なもの。
史上最大の流出スキャンダルと言われる所以です。

■映画俳優のジャッキー・チェン、サッカー選手のリオネル・メッシの名前も

更にパナマ文書の顧客データが物凄い。各国首脳クラスの政治家や、世界的なスポーツ選手、著名な富裕層がずらり。
それだけでなく、悪名高い独裁者や、マフィア、麻薬密売人など、長年捜査当局が追い続けている人物まで含まれます。

 

ここに名前が載っていたからといって、不正取引をしていた、という事ではありません。
しかし見えなかった金融取引の実態が明らかになる事で、様々な事実が明るみになっています。

 

パナマ文書に名前を連ねていた1人、アイスランドのグンロイグソン首相は早速辞任の意向を示しました。
自国が金融危機に陥るなか、夫婦が株主となっているタックスヘイブンの企業を通じて、
国内の銀行の債券を数百万ドル(日本円で数億円!)を保有していた事が発覚したからです。
アイスランドでは、議会前などで数千人規模のデモが行われました。

 

People demonstrate in Reykjavik, Iceland, in this April 4, 2016 file photo. REUTERS/Stigtryggur Johannsson/Files - RTSDW11

People demonstrate in Reykjavik, Iceland, in this April 4, 2016 file photo. REUTERS/Stigtryggur Johannsson/Files – RTSDW11 引用元:ニューズウィーク日本版

■タックスヘイブン(租税回避地)とマネーロンダリングの可能性

タックスヘイブンを利用した金融取引そのものに違法性はありません。
誤解されがちですが、タックスヘイブンの仕組みを使った「節税」と違法な「脱税」は全く別物です。
しかし、そのお金が誰のものなのか、どこから来て、どこへ行くのかが、外からは良く見えない為、
犯罪組織によるマネーロンダリング、不正な資金の隠蔽に利用されている可能性が長年指摘されてきました。

 

今回の流出により、その資金の流れや誰のものかが明らかになり、
追跡できなかった犯罪組織の動きや、不正な資金の持ち主が明るみに出てくる訳です。

 

タックスヘイブンを隠れ蓑にした、世界中の闇の取引が白日の下に晒される。
まるで”映画のような大スキャンダル”と言われるのが今回のパナマ文書の衝撃なのです。

****************************
(株)NCC / NCCマシナリー事業部
【本 社】 〒52-0816 神奈川県藤沢市遠藤5608番地
【埼玉支店】TEL:048-452 8265  FAX:048-452-8264
E-MAIL:info@ncc-m.jp
****************************

 #中古工作機械 #USEDMACHINE #中古 #USED #機械 #MACHINE
#買取  #売却 #引取 #高値 #中古機
#マシニング #旋盤 #プレス #板金 #印刷機 #放電 #ワイヤ
#研削盤 #NC #測定機 #印刷機 #金型 #工具 #日研
#リース #弁護士 #管財物件 #税制
#東京 #香川 #埼玉 #廃業 #千葉 #神奈川 #茨城 #栃木 #福島
#山形 #高知 #遺産 #倒産 #愛媛 #徳島 #広島 #パナマ文書