IoT(Internet on Things、モノのインターネット)による産業構造の変化、第4次産業革命。

ドイツの「インダストリー4.0」、アメリカの「インダストリアル・インターネット」が目指すのは、ものづくりのビジネス構造の変革です。

デジタルマニュファチャリング、サイバーフィジカル、ビックデータ、第4次産業革命・・・・。
こういったキーワードを聞かない日はないぐらいです。

■製造業におけるIoT活用はテストがはじまったばかり

 

しかし。では具体的にIoTの活用とは何なのか?
実はまだまだ現実的なビジネスとして形にはなっていません。

様々な政府や団体が、新たなモデルの構築に取り組んでいますが、
どれもテストケースの段階、世界中の誰も正解を持っていない状態、と言えるでしょう。

だからこそチャンスがあるのだ言えます。

ここ10年、日本のものづくりは情報化競争で優位に立てたとは言えません。
日本の製造業の高い技術が、IoTによって高度に活用できようになったら・・と期待が膨らみます。

【資料:ビッグデータの活用状況に関するアンケート調査】
≪日本の製造業におけるIT・データの活用は進んでいない≫

010103_30111

資料:経済産業省作成

 

 

■そもそもIoTとは何か

さて、しかしながらネーミングだけが流行しているような感もあります。
おさらいをする意味でも、「IoTとはそもそも何なのか」をまとめてみます。

・IoT(Internet On Things、モノのインターネット)
インターネットとモノがつながり、情報のやり取りができること。

これにより作業の最適化、機械化、自律化を図る事です。
将来的には機械や工場が自律的に動き、蓄積データからより効率の良い作業に最適化していく事が理想とされています。

 

 

■IoTで行うこと

製造業におけるIoTの活用には下記の段階があります。

1.データの収集、蓄積
2.見える化
3.解析
4.制御
5.最適化
6.自律化

データを集め、見える化し、解析・制御する。
実はここまでは、今でも出来ている部分もあります。

工作機械とメーカーサポート部門をインターネットでつなぎ、トラブルシューティングを行う。
機械内にセンサーを組み込み、負荷を検出した際には自動的に調整を行う、などなど。

e0797971d059fa3cda8da11bb40f358e_s

IoT、インダストリー4.0の狙いは更にその先「最適化」「自動化」にあると思います。

蓄積したデータを自動的に解析し、最適な加工条件を生み出していくマシニングセンター・・・。
そんな未来でしょうか。

 

■キーテクノロジーは3つ

上記のような事を想定した場合、IoTにおけるキーテクノロジーは下記だと考えられます。

①情報通信技術

②センシング技術

③人工知能(AI)

資料:経済産業省作成

資料:経済産業省作成

②センシング技術

現段階では、センシング技術が重視されています。
「IoTは結局センサーだ!」と言われることもあります。

データを蓄積し解析するには、高度な「センサーで測定する技術」が必要だからです。

 

 

③人工知能
ドイツの主導する「インダストリー4.0」は自律して動く工場を目指してます。
どう自律させるか、これを判断するのは「人工知能」の出番なのでは、と思います。

膨大なデータから「役に立つデータ」を拾い上げ、最適化していく作業こそ
人工知能の得意とする分野だからです。

人間の仮説からでは、生み出せない想像を超えた効率化を生む可能性を秘めています。

以上、だいぶ主観的ですがIoTとは何かまとめていました。

次回は、その中で先行して取り組み始めているケースを
ご紹介したいと思います。

 

 

 

■関連記事 → 高度化を加速させるファナック ロボマシン IoT本格対応も目前

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

■メルマガ登録のご案内

最新情報や非公開情報、役立つ設備のご紹介など、お届けしています。
左上の「メルマガ登録」をからご登録下さい。

■ブログランキングに参加しています

↓下記をクリックして応援してもらえたら嬉しいです↓
にほんブログ村 経営ブログ ものづくり・製造へ
にほんブログ村

■中古機械、工作機械を買取します!

マシニング、旋盤、成形機、プレス機、板金機械、
レーザー加工機、印刷機、三次元測定機、画像測定機、
木工機械、といった中古機械、中古工作機械の買取をしております。

牧野フライスやオークマ、森精機、マザック、アマダ、ファナック、
三菱電機、ソディック、東芝、村田、住友、岡本などの
工作機械メーカーの機械を喜んで売却したい方はぜひご連絡を。

安心して取引して頂けるよう、
段取りは事前に打合せ、ご提案いたします。ご心配な点があれば
遠慮なくお問合せ下さい。

▼買取のお申込みはこちらをクリック▼

機械買取の査定依頼

代表写真

私がお伺いさせて頂きます。

◆中古機械、工作機械の買取・販売◆

**************************************************
(株)NCC / NCCマシナリー事業部
〒252-0816
神奈川県藤沢市遠藤5608番地
TEL:048-452-8265
FAX:048-452-8264
E-MAIL:info@ncc-m.jp
Website:http://ncc-m.jp/
**************************************************

#中古工作機械 #USEDMACHINE #中古 #USED #機械 #MACHINE
#買取 #売却 #引取 #高値
#マシニング #旋盤 #プレス #板金 #印刷機 #放電 #ワイヤ
#研削盤 #NC #測定機 #印刷機 #金型 #工具 #日研
#東京 #香川 #埼玉 #千葉 #神奈川 #茨城 #栃木 #福島
#山形 #高知 #愛媛 #徳島 #広島
#リース #タッピング #SPEEDIO #スピ-ディオ
#弁護士 #管財物件 #遺産 #倒産 #廃業 #ブラザー