■工具が折れないようにしたい!
■ロボドリルで鉄をバリバリ削りたい!
■硬い材料を削りたい!

 

「でも今の機械を活用したいし、高い刃物はそんなに使えない。 加工方法を研究する時間もない・・。」

そんなご相談を受けることが多かった私たち。

昔からあるけど、意外に知られていない便利なアイテムや情報が
沢山あるのだなぁ、と実感しています。

「そんな便利なもの、早く教えくれれば良かったのに!」

 

・・・と言われないよう、少しご紹介させて頂ければと存じます。

 

■加工条件を向上させる3つの要素 + α

マシニングで良い切削をするための要素は3つあると思っています。

 

 ➀機械の性能、剛性

 ②刃物
 ③加工方法(パス)

 

しかしどれも、すぐに替えがきくものではありません。

 

機械をおいそれを更新できませんし、
(機械を更新の際は、ぜひNCCマシナリーまでお声がけを!)刃物はお客様の知見はメーカー以上です。
加工方法は、それこそ日々の試行錯誤の賜物・・・。
まさにノウハウであり技術力というものです。

そういう替えの効かない技術ではなく、

簡単に交換できて、気軽に使えるアイテムによって
刃物が折れなくなったり、ロボドリルでもっと鉄がバリバリ削れたら。

 

そんなアイテムをご紹介してみたいと思います。

 

 

■動画紹介

次の動画をご覧ください。


【加工事例】BT30 ファナック スプロケットミーリング加工

【加工事例】BT40 側面加工&コンタリング

機嫌よく削っていますが、以前は工具が
すぐダメになったり折れてしまった加工内容です。

それを

「機械」
「工具」
「加工方法」

 

を変える事なく、あるアイテムを変えるだけで実現できました。

 

そのあるアイテムとは・・・

■機械や工具や加工方法を変えることなく


そのあるアイテムとは・・・
「機械」と「刃物」をつなぐ「ホルダ」でした。

なんだそんな事か。
最初は私たちもそんな感想でした。

しかし機械だけ性能が良くても、刃物だけ性能が良くても、
お互いの能力は発揮できません。それが分かった事例動画なのです。

ホルダを変更するだけで、月に30本(!)も
使っていた刃物を半分以下に出来た事例もあります。

 

HRC72 という高硬度材の曲面加工も実現できました。

 

ロボドリルやマザックのアルミ加工機でも
バリバリと鉄を削る事が出来るようになり、
設備の稼働率も高まりました。

(この事例は諸事情によりお見せできないのが残念です・・・)

【加工事例】BT40 溝切削

実はこのホルダは、昔からあって使っている方も多いのです。

 

ではどうしてもこんなに知名度が低いのか?

 

・・・私たちは、カタログがとても分かりにくいから、と思っています。

 

今メーカーさんと協力して、まずはどうお客さんの役に立てるのか?
それを第一に伝えるようにして整理している最中です。

【加工事例】BT40 溝切削

 

次回は、上記の事例を実現する技術的な部分をレポートしたいと思います。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

◆中古機械、工作機械の買取・販売◆
****************************
(株)NCC / NCCマシナリー事業部
〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-11-8平澤ビル5F
TEL:03-6280-3475
FAX:03-3555-7530
E-MAIL:info@ncc-m.jp

****************************

#中古工作機械 #USEDMACHINE #中古 #USED #機械 #MACHINE
#買取  #売却 #引取 #高値 #中古機 #マシニングセンタ
#マシニング #旋盤 #プレス #板金 #印刷機 #放電 #ワイヤ
#研削盤 #NC #測定機 #印刷機 #金型 #工具 #日研
#リース #弁護士 #管財物件  #岐阜 #茨城 #一式
#東京 #香川 #埼玉 #廃業 #千葉 #神奈川 #茨城 #栃木 #福島
#山形 #高知 #遺産 #倒産 #愛媛 #徳島 #広島
#工具寿命 #高硬度材 #加工 #ロボドリル #鉄 #鋼 #刃物
#ホルダ