マシニングンセンターはその精度を出すために、
入念なレベル調整(水平出し)が必要です。

特に横型マシニングセンターなど大型機は、
それだけで数日かかることもあります。

そのレベル調整を「調整いらず」と呼べるほど簡単にしたのが、
牧野フライス製作所の新型の横形マシニングセンター「a120nx」

キャプチャ

それを実現したのは(驚いたことに)機械の支え方に
「3点支持方式」を採用したこと。

椅子をイメージすると良くわかりますが、
3点支持は安定感が高く、調整の手間が省けます。

しかし数十トンにもなる工作機械を
3点支持方式で支える為には、
機械自体の剛性が高くないと歪んでしまいます。

その為大型機では4点以上の支持方式が一般的でした。
それが故に調整が複雑になっていました。

 

images

■剛性を損なわず、重量を減らすことに成功した牧野フライス

3点支持方式を採用する為に、難しいテーマに取り組んだ新型機。
薄く高剛性なベッドの製作に成功し、
コストアップ分を十分に吸収できるレベルに作りこんだそうです。
これにより搬入後のスピーディな立ち上げ、
そして保守費用の低減を実現しました。

床の経年変化による影響を最小限にし、
定期的なレベルメンテナンスもほぼ不要。
基礎工事の費用も削減できます。

img2

また軽量化により、
送り速度54メートル/毎分と小型機なみのスピードに。

さらに剛性も高まった為、ストロークエンド(端)でも
重切削が可能になったとのこと。

X軸のストローク1900mmという最大級のマシニングで、
これを実現した牧野フライスさんの技術力に脱帽です。

これにより第46回機械工業デザイン賞を受賞しています。

 

 

 

写真:牧野フライス製作所HP→http://www.makino.co.jp/

最後までお読み頂きありがとうございました。

■関連記事(詳細は画像をクリック)

【中古機械情報】立形マシニングセンター(HSK-F63) / V33 / 牧野フライス / 2007年

写真 2016-08-24 11 43 50

■中古機械、工作機械を買取します!

マシニング、旋盤、成形機、プレス機、板金機械、
レーザー加工機、印刷機、三次元測定機、画像測定機、
木工機械、といった中古機械、中古工作機械の買取をしております。

牧野フライスやオークマ、森精機、マザック、アマダ、ファナック、
三菱電機、ソディック、東芝、村田、住友、岡本などの
工作機械メーカーの機械を喜んで売却したい方はぜひご連絡を。

◆中古機械、工作機械の買取・販売◆

**************************************************
(株)NCC / NCCマシナリー事業部
〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-11-8平澤ビル5F
TEL:03-6280-3475
E-MAIL:info@ncc-m.jp
Website:http://ncc-m.jp/
**************************************************